2015年04月13日

BbyB

016.jpg

ベルギーのチョコレート





いただきもののチョコレート。
銀座に新しくオープンしたショップです。
四角い箱に本のように入っているチョコレート。
とってもモダンな素敵でシンプルな箱です。
ベルギーの2ツ星レストランのシェフ、バルト・デスミットとショコラティエ、ヤン・ヴェルレイエ
お二人のコラボレーションでうまれたチョコレートです。
シンプルなチョコレートの中には個性的なフレーバーが詰められています。
その組み合わせがとても個性的で美味しい!!
フルーツ、ナッツ、塩、スパイス、ハーブ・・・。
ダークチョコレート/柚子/わさび・・!?
ホワイトチョコレート/パッションフルーツ/バジル
味噌を使ったものもあります。
どうしたらこんな組み合わせが思いつくのでしょう??
別の脳を持っているとしか言えません。凡人にはとてもわかりません〜。
口に入れた時のふわっと香り、余韻まで楽しませてくれます。
本当にチョコレートはショコラティエという専門職があるくらいですから
奥が深い世界です。
また新しい世界を垣間見た気がします。
時代と共に進化するもの、でもチョコレートはチョコレートで変わらないものです。
一本ずつ大切にいただきました。

ショップもとても素敵な感じです。
銀座に行ったら寄ってみたい!

posted by nakamura at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

コンフィチュール・フレーズ

010.jpg

イチゴのジャム





売店でジャム用の苺を買いました。
こんなにたくさん入って1000円!
ジャム用の苺を選ぶときには慎重に・・・。
傷んでいる苺が箱の中に入っていたら、せっかく美味しい苺にも匂いが
移ってしまい美味しい苺が台無しになってしまいます。
ジャム用の苺は箱の中に無造作にがさっと入っていますので蒸れたり
あたったりしていますので、買ってきたらすぐにジャムにする準備をします。
だから時間があるときでなければ買いません〜。

冷凍庫に残っていたカシスをベリー同士なので一緒に入れ、ローズマリーで香り付けを
しました。
いただいたローズのリキュールも加えました。
苺とローズマリーはとても相性がいい組み合わせです。
何年か前に苺のタルトにローズマリーのアイスクリームをのせたものを
いただき、あまりの美味しさに感激!
まだお菓子とハーブを組み合わせたものがあまりなかった昔々でしたから・・。
ローズマリーは清涼感がありますので甘い苺にピッタリです。
ただ加減が難しいですが・・。
ローズマリーは裏庭で寒さにも負けずすくすくと育っていましたので使ってあげないと!
裏のハーブも春になり芽をだし、元気に育っています。
これからいっぱい使うからね。
我が家はコンフィチュールはもっぱらヨーグルトに入れます。
毎朝のヨーグルトで季節を感じています。
苺の時期もゴールデンウイークまで。あと少しのお楽しみです!

posted by nakamura at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア料理教室

008.jpg

3月のレッスン





あっという間に4月になり、桜も満開です。
3月のイタリア料理の時には待ちわびていた桜。
咲いた桜ももちろんきれいで好きですが、まだつぼみの時も
気持ちがウキウキします。

・グリュイエールチーズのライススフレ
・鶏のパプリカ焼き オリーブトマトソース
・パリブレスト
・こねないパン フォカッチャ
前菜にはチーズたっぷりのライスグラタンのようなものをスフレにしました。
鶏にはたっぷりのパプリカをぬって焼きます。オリーブを入れたトマトソースで
いただきます。
付け合せには春野菜のグリーンがきれいなペンネを添えました。
菜の花やスナップエンドウなどの明るいグリーンと赤いソースが
食欲をそそります。
デザートはパリブレスト。
パリからブレスト(地名)を走る自転車レースの沿道で自転車の車輪をシュー生地で搾り
クリームを詰めたものを売っていたそうです。
カスタードクリームと生クリーム、季節の苺で軽やかなデザートにしました。
春らしい明るい陽射しの中でのイタリア料理教室でした。
来月はもっと暖かな陽射しになっていることでしょう。

posted by nakamura at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。